ベーコンを使って

ベーコンにも色んな種類があります。JAS農林規格で5種類が定められています。ベーコン、ロースベーコン、ショルダーベーコン、 ミドルベーコン、サイドベーコンです。これ以外にも従来のものよりも脂身のすくないカナディアンベーコンもあります。今回は、よく売っている薄めのベーコンではなく、ある程度厚みのあるものを使います。真空パックされているものではなく、スーパーマーケットでトレーパックしてあるものです。

巻く

 インゲン巻き

  1.  いんげんははしを切り、水洗いをしたら、塩を入れた沸騰したお湯でゆでる。火が通るのが遅いため、中火で15分から20分はゆでたいところ。
  2. いんげんが茹で上がったら冷水にとり、ざるにあげて水分を切る。冷水に上げると緑色が鮮やかになるのでぜひ、氷水に上げてください。
  3. ベーコンは長いものなら2つにきる。水をきったいんげん2本をベーコンでくるりとまき、端を爪楊枝で止める。
  4. 油をひかずにフライパンを熱し、ベーコンまきを並べ入れ方向を変えながらこげ色がつくまで中〜強火で焼く。ベーコンの油が出るので、最初に油をひかないこと。
  5. 全体にこげ色がついたら塩胡椒をさっとかける。ベーコンはもともと塩漬けしてある燻製食品だし、いんげんも塩ゆでしてあるので、味付けは軽めに。
  6. 全面がやけたら火を止め、つまようじをぬいてから盛り付ける。

いんげんは芯が残らないように充分ゆでます。ベーコンは焦げすぎても案外おいしい!爪楊枝をつけたまま焼くのはなかなかむずかしいですが、あまり気にせずに、適度に焼き面を変えてください。

インゲン以外にもアスパラ巻き・インゲン巻き・フライドポテト巻きなどバリエーション豊富。アスパラならインゲン同様先に塩ゆでしておきます。フライドポテトなら、市販の冷凍のもので充分おいしい

   

炒める

 まいたけとベーコンのバター炒め(まいたけ・ベーコン・ほうれん草・バター)

  1. まいたけは石突をきりおとし、水洗いする。ベーコンは2cm幅に切りそろえる。
  2. バターを引いたフライパンにまいたけを入れ、半分ほど火が通ったらベーコンを入れる。塩胡椒で味付けをし、最後にほうれん草を入れる。
  3. 最後に軽く醤油をいれ(小匙2程度)火からおろし盛り付ける。パセリをちらしてめしあがれ。
 これぞ定番!ベーコンはとにかくキノコ類が合う。これにたくさんキノコ類をたしてもいいし、緑黄色野菜(人参やチンゲン菜など)をたしてもおいしい。

    

http://a543210.fc2web.com/M'sCafe

  





キッチン料理レシピ M'sCafe

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO